爬虫類飼育が教えてくれるボク自身のこと

どもー!
ハチュ野郎です。

今回のテーマは、どちらかというと”すでに爬虫類を飼ってる人向け”です。

というのも、なんとな~くハチュ野郎が日々思ってることを書くだけなんで(笑)

オニプレ飼育

ちなみに普段、自分のことをボクとはいいませんけど、なんとなく使ってみましたw

きっと普段より短くサラサラ~っと終わると思います。

んじゃ早速いきましょう。

sponsored link

爬虫類を飼っていて楽しいことって?

もし誰かさんに…

「ねぇなんで爬虫類を飼ってるの?」

「なにが楽しいの?」

と聞かれたら、きっとハチュ野郎は”可愛いウチの子のお世話をすることだよ”と答えると思います。

オニプレートトカゲ

エサの準備をしていて待ち遠しそうにしている様子、そのエサをあげて美味しそうに食べてる様子…

バスキングしてるときの貫禄のある姿、ふと気だるそうな仕草…

ハンドリング

バスキングヤモリ

バタバタ元気な様子…

ハンドリングして触れ合ってるときの動き、ベランダで日光浴してるときの外の世界に興味津々な眼差し…

飼育ケースを拭いたり、交換、メンテナンスしたり…

ヒョウモントカゲモドキ・レオパ

それら全てを含めて”ウチの子のお世話”ですね。

観察することもお世話の1つですから。

sponsored link

その行為そのものが、なんだか楽しく感じるんです。

でも、そのお世話が大変なときもある

かといって、じゃあ手放しに…

「お世話タノシイ!お世話サイコウ!それだけがシアワセ!」かというと、それはちょっと違います。

寝てるヒョウモントカゲモドキ

やっぱりハチュ野郎にも”自分自身のこと”があるので。

自分自身のために手を動かすこと、頭のなかで考えることがあります。

そのキャパシティ、その活動容量がギュウギュウ詰めになれば、どうしても”ウチの子のお世話”は後手後手にまわりがち。

爬虫類の世話

具体的には、家事もそうですが人との約束だったり、仕事、今後の理想のためにエネルギーを割いたり、人生について思いを巡らせたりですね。

特に頭がパンクしてるとき…。

そんなときは、いつもの醍醐味のはずの”ウチの子のお世話”が、どうしても”やっつけ仕事”になってしまうんです。

めんどいな…と思うときがあります。

爬虫類飼育が教えてくれるボク自身のこと

と、まぁそんな感じで、”ウチの子の飼育を通して、自分自身のことを振り返るのもたまにはイイんじゃないかな~”って話ですよ。

飼育の楽しみでもある”ウチの子のお世話”が、”やっつけ仕事”に感じたとき。

それは、ゆっくり1つ1つ丁寧に生活することを示唆するシグナルかもしれません。

飼育

だからそんなときは、もういちど自分の生活を整えるときと良いかな~なんて思います。

  • 5分でも早く寝る
  • ゆっくり深く呼吸して今に集中する
  • 美味しくて栄養のあるものを食べる
  • 散歩する
  • 気心の知れた友達と喋る
  • なるべくスマホを置いて過ごす
  • 当たり前の動作をゆっくり丁寧にやる
  • 憶測ばかりを繰り返して考えない

・・・とまぁ、今ちょろっと思いついただけの適当なアレですが(笑)

とりあえず自分に対して優しく接するようにしたり、脳に良いことをしようってことです。

そしたら心のコンディションも整うので、また”ウチの子のお世話”を楽しめるようになります。

爬虫類を飼う

人間、たまにはメンテナンスが必要ですよね。

ほい、ってことで今後も爬虫類ライフを楽しんでいきまっせ!

以上、飼育を通して思ったことでした。

追記:こんなアイディアいただきました

Twitterのフォロワーさんから。

確かに、彼らをみていると癒やされますね!

sponsored link