【この現象の名前が判明!】なぜ食欲旺盛な子なのにケージの外では食べないか?

どもー!
ハチュ野郎です。

あの~うちのオニプレのアルマちゃんですけど。

うちのオニプレのアルマちゃん

うちのオニプレのアルマちゃん

うちのオニプレのアルマちゃん

そもそもオニプレって、ほかの生体が食べなかったエサの”残飯処理班”として扱われたりしますw

そのくらい食欲旺盛なんですね。
(別にバカにして呼ばれてるわけじゃないのでご安心を)

で、うちのアルマちゃんも、やっぱり食欲旺盛。

「お?エサくれるの!?」の顔。

食欲旺盛

(こういうときに限ってエサじゃないんだな~これが・・・w)

そんなアルマちゃんですけど、なんと”ケージの外に出すと、プリップリに活きの良いコオロギが目の前を通っても無視”なんです!

これがケージに戻して、そこでコオロギを与えると即ガブっといくっていう…w

で今回はですね・・・!

そんな”ケージの外に出すとキョトンと動かなくなってしまい、大好物のコオロギすら食べなくなる現象”

これに名前があることがわかったんで、それをブログ読者さんにシェアしようかな~と。

ということで早くも新年2発目の記事!いきます!

ズバリ!これはヒトやほかの動物共通の反応だった!

で、焦らしてもしょーがないんで、この現象の名前は・・・

ずばり、”定位反応”というらしいです!

まぁ、「へぇ~・・・で?」って感じですよねw

具体的に「じゃどんなもんなん?」というと・・・

慣れない環境に身を置かれたときに、”その環境で安全確保するために、ほかのことより最優先して注意を向けていること”をそう呼びます。

ん~わかりにくい。もうちょい崩して言いますか。

つまり、”「ここはどこ?私はだれ?」という確認なう♪”ってことです。

慣れない環境に身を置かれた

ヒトのあなたも、少なからず心当たりがあるはずです。

たとえば寝て起きたら、そこは見知らぬ密室だったと。

そんなとき、「ハ!?」となって眠気や食欲、性欲はいったん無意識に置いておきますよね。

要は「ちょ、今トースト出されてもそれどころじゃねーよw てかお前だれだよ怖っ!」みたいなw

そんなイメージです。

わりとどんな生き物も共通して起きる反応らしいですよ。

どこかの大学のPDFファイルです。

適応行動としての自動的反応形成 : パブロフ条件づ けの反応遂行理論

パブロフの犬、パブロフの実験って知ってます?

あの~有名なやつですね。

エサを与える前に、ベルの音をチリンチリン♪と鳴らしてから、食べさせるようにします。

そう条件づけされた犬は、チリンチリン♪の音だけでよだれを垂らすようになりましたとさ、と。

エサが目の前になくても、ってことです。

パブロフの犬、パブロフの実験

まぁここまでは誰でもご存知かと。

でも、この話には続きがあって・・・!

実は、この実験を証明しようとするたびに、けっこう失敗してたみたいなんですね?

ひたすら条件付けされた犬にもかかわらず、です。

それは何故か? 

なぜ、ほかの人の前で証明するときに限って失敗するのか?

それは・・・

  • いつもと違う場所だったから
  • いつもの慣れた研究員以外のヒトが立ち会ってたから

というのが原因らしいです。

だから、状況が変化したシチュエーションでは、もうチリンチリン♪と鳴らしたところで無反応なんですね。

エサ(食欲)以外の、状況確認に注意を払ってるからシカトしちゃうわけです。これを定位反応というようです。

ちなみに、失敗後にいつものシチュエーションに戻してから試すと、ちゃんとチリンチリン♪でヨダレを垂らすそうです。

ね、面白くないですか?

ハチュ野郎、わりとこういう話が好きなんすよw

この本を読んでて、「へぇ~マジか!!!」と思って、それでこの記事を書いた次第です。

この本めっちゃいいですよ。

ちなみにこの「PRE−SUASION 影響力と説得のための革命的瞬間/ロバート・チャルディーニ」の本によると、”定位反応”と呼ばれる前は、”探索反射”と呼ばれていたそう。

本の文章をそのまま引用します。

”どんな動物も、生き残るためには環境に応じた変化をすぐに鋭く察知し、その変化が示しているのは危険なのか好機なのかを詮索・評価しなくてはならないと、パブロフは理解していました。この反射はあまりにも強力なため、他のあらゆる活動に優先されます。

by 第5章 注意を操るものーその1:誘因要素 P115”

ね、通りでうちのアルマちゃんをケージの外にだすと、コオロギを無視するわけですw

それどころじゃなかったわけですねwすまぬww

探索反射

はい、ということで定位反応の話でした。

いや~まさかこの本を読んでて、爬虫類の知識が1つ増えることになるとは・・・w

前まで、「はてなフリーズ」と呼んでましたw

てか、ほかの飼育者さんはどうなんすかね?

Twitterをみてると、ケージの外でも普通に食べてる子が多いので、やっぱこの現象って稀なんですかね?

まぁいいや、個人的に興味があったテーマなんで書いていきます。

ハチュ野郎は最近、関東に引越したんですが・・・そのときも外に出すと固まる現象を「はてなフリーズ」と呼んでましたw

完全にフリーズ。

キョトンとしてます。

ね、でもこれって、その”定位反応”してる最中ってことだったんですね。

つまり、アルマちゃんの注意は、現状把握、まわりの確認などに向いていたと。

食欲や睡眠、あるいはおトイレよりも、”それに注意を向けることが最優先”だったわけですね!

いや実際んとこわかんないですけどw

ま、でも個人的に「なんでだろ~ビビリなんかな~」と思ってたアルマちゃんのことを、ちょっとでも知ることができて嬉しかったですよ!

今回の記事は、自分で書いてて自分で参考になりましたw

んじゃ!

sponsored link

このブログをハチュ友さんへ晒しちゃう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加