あなたは運が良い!?その爬虫類とのご縁について

どもー!

ハチュ野郎です。

”あなたの運が良くなる
ひとつの方法をお伝えするよ!”

WS000016

ここ勿体ぶっても仕方ないので、
もうズバリ言うね。

それは・・・

”自分は運が良いと思うこと”

たったコレだけで、
ツキが回ってくるんだってよー。

うん、ってことで…

今回は「運」をテーマに、
ちょっと良さ気な話を書くよ。

あ、もちろんこのブログに書く以上、
爬虫類と混ぜながらね。

久しぶりのブログだけど、
相変わらずウチのコ元気でーす。

2016-03-15 20.28.53 HDR

2016-03-08 18.12.59

おねむマンと弾くマン。

よく食べよく寝る、
可愛い奴らです(・∀・)

いや~最近なにげに忙しくてね。

書くのサボリ気味なんだけど。

今日はTwitterで、
こんなツイートしたんだ。

WS000015

けっこー大事にしてる考え方に「計画的偶発性理論」ってのがある。

ひらたく言うと、
「人生なん9割は運で決まるよ。」
「だから、その運を味方にしようね。」ってもの。

※wikiで調べたら8割でしたさーせん

そう、まぁ自力で色々と頑張ってきた人には、
ちょっと受け入れにくい話かもしれない。

どちらかと言うと、
ハチュ野郎も最初は…

「それじゃ頑張り甲斐がねぇじゃねーか!」

とこの理論を見聞きして思った。

なんでも運で片付けられちゃたまんねぇ~と。

でも、そういう意味じゃなかった。

まぁ詳しく知りたい人はググッてください(笑)

今回は、以上を踏まえたうえで、
話を進めていきたいと思いまっす!

あんま根拠とかを語ると、
余計に長くなっちゃうんで。

まぁでも読み進めてもらえたら、
上記の理論もなんとな~く理解してもらえるかなと思います。

今いるその生体、どうやって選んだ?

さてさて。

ここでちょっとお互い振り返ってみましょうか。

その生体をお迎えした当時を、
ひさびざに思い出してみてください。

ぜひ機会があれば、
あなたの話も聴いてみたいです。

WS000017

とりあえず一般的にはこんな感じかな…?

———-

まず例えばオニプレなど、
特定の種類に興味を持ちます。

で、その生体の飼育方法をググッたり。

ケージサイズや餌、温度…

自分の環境で変えるかな?用意できるかな?

という点に着目して調べます。

あとTwitter検索なんかで、
実際に飼ってる人の生の声を調べます。

次に、自分が行ける範囲内で、
爬虫類を扱っているペットショップ、
それからホムセンの場所を調べます。

で、店員さんに相談しつつ、
ハンドリングしつつ、
お財布と相談しつつ、
お迎えするか考える!…と。

用意されたケージとライトなどの用品、
そしてその生体が中でくつろいでる。

餌の時間になって、
美味しそうにがっつく生体。

あとは自分自身の生活リズム、
24時間のうち構える時間帯はいつなのか?

そんなイメージを抱きながら吟味します。

———-

ね、どうでしょう。

あくまでパッと浮かんだ例ですが、
こうして調べられる人は、
きっとお迎え後も大切にしそうな予感がしますよね。

じゃあ実際にそれで「お迎えした」とします。

WS000018

さ、ここで”ちょっとイジワルな質問”をしまっせ~。

本当に、その個体が最高のお気に入り?

あなたの部屋にいるその生体。

”本当にあなたが、最高!と思える個体を、
選んだと言えるでしょうか?”

ぶっちゃけ妥協はないっすか?

ね、まぁ「当たり前だ!最高だ!」、
という反応が返ってくると思います。

というか返ってきて欲しいですね(笑)

で、実際、あなたのその生体は、
あなたにとって最高のはずです。

ちょっとイジワル言っただけで、
ハチュ野郎もそうだと思います。

でも、ここでよーーーく考えてみてください。

本当にお気に入りの個体を、
激選してお迎えしようと思ったら…

日本中、いや世界中のショップを巡り、
満足のいくコンディションの個体を探すことです。

つまり近所だとか、
貰い手募集とかではなく、
選択肢を網羅したなかで1匹を選ぶ。

これが本当の意味で激選して選んだ最高ですよね。

ちょっと屁理屈っぽいですが。

WS000019

でも、現実問題ムズゲーじゃないですか。

それに、最高の個体を選ぶことって、
別にペットライフの楽しみや幸せの絶対条件でもないですし。

言うなら、さっき

「ぶっちゃけ妥協してね?」

って言葉を使いましたが、
べつに妥協があっても良い訳ですよ。

それよりも、ハチュ野郎が伝えたいのは、

「その個体をあなたがお迎えした」って事実は、
本気で厳選してない限り、「それ運だぜ?」ってことです。

WS000020

さ、ということで結論いきまーす!

あなたとの運命は必然だった

ふう~

ここまでハチュ野郎の、
屁理屈に付き合ってくれてありがとね。

最初に書いた、
”運が良くなる方法”を思い出してください。

「運が良いと思うこと」でしたね。

そう信じること。

大事なことだと思います。

で、実際あなたは運が良いです。

ほかの誰がなんと言おうが、
ハチュ野郎が断言します。

あなたはラッキーです!

その生体に出会えて、
いま可愛がりながら暮らしてる。

なんなら拒食だとか、
モヤモヤ悩むことも一興。

脱皮不全で、
お迎え当時から指が飛んでるけど、
それも愛嬌だと思える。

それが出来ているなら、運が良い。

その個体とあなた。

星の数ほどいる爬虫類と人間のなかで、
その1人と1匹が出会うのってスゴいこと。

それを改めて今日、ハチュ野郎は思いました。

ね、ロマンチックでしょ(笑)

WS000021

「計画的偶発性理論」によれば、
運を味方につけようと思ったら、
主体的なアクションや関心が必要です。

つまり、ただベッドで願ってるだけでなく、
実際に調べたり、誰かに聞いたり、
その具体的な段取りを起こさないとムリ。

その理論を踏まえて言うなら・・・

あなたとその個体が出会えたことは、
具体的なアクションを起こしたからこそ起きた、
運の良いハプニングなんすよ。

現に、そのあなたの可愛い生体は、
ハチュ野郎の近所にはいませんでしたし(笑)

同じ種類はいたかもしれません。

”でも、その個体はいなかったです。”

Twitterとかを見てると、
本当に背中のキレイなモニターや、
特徴的な表情のレオパを見かけます。

そして、そういう個体の子たちは、
みんな飼い主さんに可愛がってもらえてる。

奇跡的な確率のマッチングですよね。

やっぱ運とした言いようがない。

はい、ということで。

今回はロマンチックなハチュ野郎でした。

あー!

ちょっとまとまりが無いわ。

まぁいいや。

お互い良い爬虫類ライフを!

sponsored link

このブログをハチュ友さんへ晒しちゃう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加